<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックス、10月9日の報告(ポップアスリートカップ東東京決勝港クラブ、深川秋季大会Cクラス二回戦深川パイレーツなど)

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックス、10月9日の報告(ポップアスリートカップ東東京決勝港クラブ、深川秋季大会Cクラス二回戦深川パイレーツなど)!

 

 

10月9日(月)の体育の日の祝日は東陽フェニックスは大忙し、まずはAチームが10時から第11回ポップアスリートカップ東東京決勝で港クラブと対戦、11時には第54回深川秋季大会Cクラス二回戦となる深川パイレーツとの一戦が行われた。

 

暑さすら感じる秋晴れの下、10時から港区埠頭少年野球場で行われた第11回ポップアスリートカップ東東京決勝の東陽フェニックス対港クラブとの試合は、先攻の東陽フェニックスが1回表に二死から菅谷大翔がヒットを放ってチャンスを作るも得点につなげることができず無得点に終わる。

 

その後、2回までは、先発の小杉太生と相手剛速球投手との投げ合いになるが、3回裏に一死から内野安打を打たれると、次打者にバントで送られて二死三塁とされた場面で、三盗を試みて来た走者を刺そうと焦ったキャッチャーの送球が大きく逸れて、あっさりと先取点を奪われてしまう。すると気落ちしたのか、制球が甘くなった小杉太生の速球を主軸バッターに狙い撃ちされて四連打を浴び、さらに四球を出した時点で、キャプテン八木大地にスイッチ、次打者を三振に打ち取ってチェンジとなったものの、打者一巡で、しかも二死から4点を奪われてしまう残念なイニングとなった。結果的には、ピッチャー交代を決断し切れずに、ワンテンポ、ツーテンポとスイッチが遅れたことが大量失点につながってしまった。

 

それでも「逆転のフェニックス」を信じて、すぐさま反撃に移った東陽フェニックスは、4回表に無死から八木大地、菅谷大翔が連打で出塁し、二三塁のチャンスを作ると、続くバッター二人が、相手エースの気迫のピッチングに連続三振で倒れたものの、小杉太生が四球でつなぎ、さらに次打者の平川空汰が速球に食らいついて内野のエラーを誘って2点を返して、2対4と差を縮めることに成功した。

 

5回表にも、替わったピッチャーから四球で無死の走者が出塁し、送りバントなどで一死三塁とチャンスを作るが、拙い走塁もあって得点につなげることができなかった。チャンスを逃した東陽フェニックスは、その裏、八木大地が相手主軸に特大のソロホームランを浴びて、逆に2対5とリードを広げられてしまう。

 

6回表、7回表にも、走者を出した東陽フェニックスだったが、3点差をつけられて余裕の出て来た相手の継投策に、最後まで付け込むことができず、結局、2対5で敗れ、念願のクライマックスシリーズ進出の夢が断たれた。

 

この試合でも、「ここ一番の弱さ」を露呈した形となった東陽フェニックスAチーム。守りでは、場面を考えない不用意なエラー、そしてその一つのエラーで崩れるピッチャ−、取られては行けない1点を与える失投と、ここぞという場面で踏ん張り切れずに、勝敗を左右する失敗が繰り返された。一方、攻めでは、期待される場面でのタイムリー欠乏症はいつものことだが、大事な場面での拙い走塁で追撃ムードを台無しにしてしまった。まさに決勝戦は「ここ一番」が試されるが、相手チームの方は、味方のエラーがあっても決定的な失点につなげない気迫のピッチング、好球を見逃さずに畳みかける打線、と相手チームの「ここ1番の強さ」が際立った試合となった。

 

しかし何よりも気になるのは、レジリエンス(失敗に対する抵抗力とでも言うのだろうか)の弱さだ。「そんなエラーへっちゃらだぜ、ここ俺に任せとけ、次頼むな」、「ここは失敗してみんなに迷惑をかけたが、次のチャンスでは絶対に取り返す」という強気は消えて、しょんぼりして相手のなすがままになってしまうのが心配なのだ。やはり、そんな苦しい場面だからこそ、「なにくそ」と立ち上がる力が欲しい。

 

いつも良いところまで行く東陽フェニックスAチームだが、勝ち切れない原因は、スキルというよりメンタルの弱さ。そこを自覚して、残りの大会でチャレンジして欲しいと思う。

 

たとえ失敗しても、なにくそ、っと思うことも大事。そして「一球の重み、一つのアウトの大切さ」を感じて丁寧プレーすることも大事なことだ。君たちならば、必ずできる。

 

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

 

ところで、この日は、11時から夢の島5面で第54回深川秋季大会Cクラス二回戦が行われ、東陽フェニックスは深川パイレーツと対戦、試合序盤に3点を奪われて苦しい展開となったが、最終回に同点に追いつき勝負の行方はサドンデスへ。そのサドンデスでも、しびれる展開となったが、最後は東陽フェニックスが逃げ切って4対3で準決勝進出を決めた。

 

準決勝の相手は元加賀紅。これまでの二戦で圧勝して来たチームだが、東陽フェニックスCチームには、失敗を恐れずに戦って欲しい。試合は10月15日(日)の11時から夢の島5面で行われる予定だ。

 

頑張れ、東陽フェニックスCチーム!

 

港区埠頭少年野球場は人工芝の美しい球場だ。

ベンチ前で声を出す東陽フェニックスAチームの選手たち。

キャプテン八木大地(南砂小6年)が選手を集めてゲームプランを話す。

さぁ、いよいよ決勝戦、クライマックスシリーズの出場権をかける。

1回表にヒットを放って出塁した菅谷大翔(南砂小6年)。ケガから回復して復帰戦と

なったこの試合、2本のヒットを放った。

先発の小杉太生(明治小6年)は、2回まではまずまずのピッチングだったが、

3回裏に一つの味方のミスで大崩れした。課題は見えている。克服しよう。

キャッチャの勝原大進(南砂小6年)は、この日、バッティングでは徹底的に

マークされ、また、守りでは弱点を突かれてしまった。強みを伸ばすことも

大事だが、自分の苦手を解決する、成長には欠かせないことだと思う。

先発した相手エースは、不利な場面でも気持ちを強く持って対応した。

場面場面で何をすべきか良く理解している選手だ。

ライトで先発した林映志(枝川小6年)は、常に声を出して存在をアピールして

いた。とても大事なことだと思う。

周りに指示を出す門内秀悟(南陽小6年)。失敗は構わない。大事なことは、

そこから何を学び、次につなげて行くかということだ。

5番サードの山岸奏斗(南砂小6年)は、6回裏にヒットを1本放ったものの、

ここ一番での勝負で相手投手に牛耳られてしまった。この悔しさを忘れないで

欲しい。

レフトを守った平川空汰(東陽小6年)は、積極的なプレーができるようになって来た。

気持ちを強く持って、もっともっとチームの勝利に貢献できる選手をめざそう。

ダグアウトから戦況を見つめる。しっかりと相手チームを観察して次の

プレーに備えよう。

ピンチでマウンドに集まる選手たち。「なにくそ」という気持ちを共有しよう。

この試合、5年生の三人がベンチ入りした。間近で試合に触れて、自分たちの

試合に生かして欲しい。

3回裏のピンチからリリーフのマウンドに上がったキャプテン八木大地。

大事な場面で一発を浴びたが、彼にも状況を読んで、「ここ一番の強さ」を

身に付けて欲しい。

トップバッターを務めた土屋翔真(南砂小6年)は、課題のバントを決めたものの、

2三振と出塁することができなかった。他の選手同様に、役目を果たすことのできなかった

悔しさを忘れずに、速いボールに負けないスイングを身に付けて欲しい。

代打で出場した林恒志(枝川小6年)。急には上手くはならない、しかし、

量でスキルは必ず向上するのだ。自分を信じて努力を積み重ねよう。

2対5で完敗を喫したが、港クラブには、是非、クライマックスシリーズを

勝ち抜いて全国制覇をめざして欲しい。

負けて強くなるのだ。頑張れ、東陽フェニックス!

不思議の負けなし、残りの大会でブレークしよう。

この試合の後、亀戸グラウンドで七北クラブと練習試合を行った。

先発は久しぶりに土屋翔真が務めたが、4回を投げて失点、課題一杯のマウンドとなった。

相手チームの先発は、江東大会でも抑え込まれたピッチャー、体もあって楽しみな選手だ。

二回表からマウンドに上がった相手エースは、速球も抜群ながら、投球のツボを

心得ているところが素晴らしい。

東陽フェニックスの秘密兵器、勝原大進も1イニング2/3を投げたが、制球が定まらず、

最後は5年生ピッチャーの市川龍惺(四砂小)に救援を仰いだ。

3対8で敗れたが、試合後、七北クラブの関監督から講評を受ける。

二試合目は3イングで終了したが、5年生中心の試合となった。先発の市川龍惺は、

迷いのないピッチングを展開した。

リリーフのマウンドに立った門内秀悟。このところ、ランチタイムに積極的に

ピッチング練習を披露して存在をアピール。初登板ながら、1イニングを無失点に

抑えることができた。

6年生は応援に回る。

3回は佐俣快成が登板、落ち着いたピッチングを見せてくれた。

七北クラブの選手、スタッフ、ご父母の皆さま、練習試合にお招きくださり、

まことにありがとうございました。11月から始まる二十三区大会では、江東区の

代表として優勝めざしてください!

東陽フェニックスの6年生も、残りの大会で全力プレーを見せて優勝めざそう。

5年生は、まずは富岡大会で色んなことをチャレンジしようね。

この日の11時から夢の島5面で第54回深川秋季大会Cクラス二回戦が行われ、

東陽フェニックスは深川パイレーツと対戦した。

3対3の引き分けで勝負はサドンデスへ、虎の子の1点を守り切って4対3で勝利した。

激戦を制して応援のお礼をするCチームの選手たち、良く頑張った!

お互いの健闘を称え合ってエールの交換をする。準決勝の相手は元加賀紅、失敗を恐れず、

思い切ったプレーで勝利をめざそう。

 

 

 

2017.10.11 Wednesday 15:01 | comments(0) | - | 

東陽フェニックスDチーム(3年生以下)、竹の大会一回戦で勝利

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスDチーム(3年生以下)、竹の大会一回戦で勝利!

 

10月8日(日)の9時からゴッドイーグルス若洲球場にて、第11回竹の子大会一回戦東陽フェニックス対上道ファイターズ(文京区)の一戦が行われ、追いつ追われつの接戦となり3回4対4のまま試合終了、大会規定により抽選での勝負の結果、当たりくじを5枚を引いた東陽フェニックスが、運も味方して初公式戦初勝利を挙げ二回戦進出を決めた。

 

先攻の東陽フェニックスは、1回表に一死から野見山桔平がヒットを放ってチャンスを作ると、盗塁を二つ決めてチャンスを広げ、二死から暴投の間に先制のホームを踏んで幸先良いスタートを切った。しかし、その裏、先発の佐俣良成が一死から死球を与えると、自らの暴投で同点に追いつかれ、2回裏には四球がきっかけピンチを招くと、上位打線に返ったところでタイムリーヒット浴びて1点を失い1対2と逆転されてしまう。

 

逆転された直後の3回表、先輩たちの「逆転のフェニックス」に続けとばかりに、すぐさま反撃。1番からの好打順に、まずは佐俣良成が相手エラーで出塁すると盗塁で三進、野見山桔平の内野安打でホームインして同点に追いつき、さらに四球でチャンスを広げて、小林俊介のタイムリーヒットも飛び出し、この回、一挙3点を奪い4対2と逆転に成功した。

 

しかし、ここで終わらないのが野球、低学年でも高学年でも変わらない。その裏に内野安打などで2点を失い同点に追いつかると、さらに二死二塁とサヨナラのピンチを迎えるが、ここはエースの佐俣良成が踏ん張って、次打者を投ゴロに抑え、時間切れ(試合時間は50分間)引き分けで終了、勝負は抽選に持ち込まれた。

 

抽選の結果は前述の通り、東陽フェニックスが当たりくじを1枚多く引いて勝利を勝ち取った。運も実力のうち、初公式戦で初勝利を見事飾った東陽フェニックスDチームの二回戦の相手は豊島区の古豪大塚スネークスだ。10月22日(日)の9時からこの試合と同じくゴッドイーグルス若洲グラウンドで行われる予定。是非、二回戦も失敗を恐れずに、仲間を信じて思い切りプレーして勝利をもぎ取って欲しい。

 

頑張れ、東陽フェニックスDチーム!

 

朝7時に集合して若洲に向かった東陽フェニックスDチームは、しっかりと

ウォーミングアップをして試合に備えた。

前日の雨もすっかり上がって、素晴らしい秋晴れの下での試合となった。

ダッシュもバリバリに行くぜ。

佐俣コーチの下に集まって気合を入れる。

キャプテン田中翔太(東陽小3年)が相手チームのキャプテンとジャンケンで

先攻後攻を決める。

さぁ、初公式戦だ、思い切り楽しんで行こう。

ベンチ前の整列も結構決まってるね。

キャプテン同士の握手、プレーボールがかかったらすぐに次のアクションに移ろう。

4番キャプテンの田中翔太は、1回表に出塁して次の塁を狙う。

5番の甲下優也(四砂小3年)は、3回表の猛攻で四球を選んで出塁、ホームにも

還って得点を挙げた。

相手ピッチャーは攻めのピッチングで東陽フェニックス打線を苦しめた。

東陽フェニックスのエース佐俣良成(南砂小2年)は、3回裏のサヨナラのピンチを

気迫のピッチングで切り抜けた。

キャッチャーの野見山桔平(南砂小2年)は、常に声を出して仲間を元気づけた。

1回表には、ヒットを放って先制のホームを駆け抜けた。

センターを守った日野太瑛(北砂小2年)は、3回表の攻撃で四球で出塁し、相手に

プレッシャーをかけた。

ベンチから声援を送る東陽フェニックスDチームの選手たち。

漆原大起(南陽小2年)は、ヒットこそ出なかったものの鋭いスイングを見せ、

3回表には四球を選んで出塁、盗塁を二つ決めて逆転のホームを踏んだ。

小林俊介(東陽小2年)は、3回表にセンターへタイムリーヒットを放った。

迷いのないスイングが素晴らしい。

見山晴(東陽小1年)は、2回表に内野エラーで出塁、盗塁も決めた。

体も大きくこれからの活躍が楽しみな選手だ。

治田匠(四砂小2年)はライトで先発出場、足も速く俊足好打の選手を

めざして欲しい。

途中出場した河野颯太(北砂小1年)。ニコニコ顔で守備位置につく。

私の息子たちも、初めは守っていて草むしり、20年前の姿と重なった。

4対4の同点で勝敗は抽選に持ち越された。先発選手がクジを引く。

当たりくじを5枚引いて勝利を喜ぶ選手とスタッフ。運も味方に付けて、

初公式戦初勝利を飾った。

この試合、4年生がベンチワークを手伝ってくれた。ありがとう。

上道ファイターズの選手、スタッフ、ご父母の皆さま、どうもありがとうございました。

これをご縁に練習試合など、よろしくお願いいたします。

しっかりグラウンド挨拶もできたね、一つ一つステップアップして行くのだ。

初公式戦初勝利おめでとう、二回戦も思い切りプレーしようぜ。

 

 

 

2017.10.11 Wednesday 12:47 | comments(0) | - | 

東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会で準決勝進出ならず、Dチーム初試合

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会で準決勝進出ならず、Dチームは初試合!

 

10月1日(日)の13時から夢の島6面で第54回深川秋季大会二回戦東陽フェニックス対深川ジャイアンツの一戦が行われ、3回表に3点を奪われた東陽フェニックスは、粘りの攻撃で1点ずつ返して6回までに2対3と追撃するも、7回表にミスを連発してピンチを招くとタイムリーヒットなどで3失点、期待されたその裏の攻撃も、相手投手の巧みなピッチングに主軸打線が抑え込まれ無得点に終わり、残念ながら2対6で敗れ、Cチーム時代の春季大会から続けて来た連続の準決勝進出は叶わなかった。

 

この試合、2回までは両チームともに走者を出しながらも、要所を抑えられて得点を挙げることができず、緊迫した立ち上がりとなった。しかし、3回表の深川ジャイアンツの攻撃で、先発のキャプテン八木大地が先頭の9番バッターに四球を与えるも、キャッチャー勝原大進の強肩で二塁盗塁を刺して難を逃れたと思われたが、1、2番に連打を浴びてしまい、一死一二塁のピンチを招く。すると迎えた3番バッターの当たりは強烈な内野ゴロ、思わずよけてしまった当たりは、転々と外野の間を転がって、バッターランナーにもホームインを許してしまい3点を先取されてしまう。

 

その裏、東陽フェニックスもすぐさま反撃。先頭の門内秀悟が四球で出塁すると、土屋翔真の内野安打の間に一気に三塁を陥れ、土屋翔真も盗塁を決めて、無死二三塁と攻め立てる。しかしここから主軸バッターが相手投手の気迫のピッチングに抑え込まれ、内野ゴロで1点を返すのがやっと、チャンスを作っただけに残念な攻撃となってしまった。

 

4回表からマウンドに上がった小杉太生は、4回から6回まで、ヒット1本に抑えるほぼ完璧なピッチングを見せる。その間に、早く追いつきたい東陽フェニックスは、4回裏に無死1塁からのチャンスを潰したものの、5回裏には先頭の土屋翔真が四球で出塁し、主軸バッターが内野ゴロで倒れ二死三塁となったが、この場面で、小杉太生がセンター前にポテンヒットを放って、ようやく1点を奪うことに成功し、2対3と1点差に詰め寄ることができた。

 

6回裏にも無死の走者を出しながら、同点機を逃した東陽フェニックスは、7回表に先頭バッターをヒットで出塁を許すと、相手のバントの連続攻撃でミスを連発してしまい1点を失うと、さらに続くピンチにタイムリーヒットと犠牲フライで2点を奪われ、2対6と逆にリードを広げられてしまう。

 

その裏、先頭のキャプテン八木大地が、ヒットで出塁したものの、後が続かず、サヨナラの東陽フェニックスを再現することもなく、残念ながら二回戦敗退となった。

 

またも深川ジャイアンツに行く手を阻まれてしまった東陽フェニックスだったが、試合を振り返ると、やはり「不思議の負けなし」の言葉通り、6四球をもらい、すべての回で先頭バッターが出塁して、再三得点圏に走者を送りながらも、あと1本が出ず9残塁を喫したのは痛かった。また、ピンチの時に、失点につながるミスが出てしまったことも敗因の一つ、春の決勝戦と同じく、拙攻に拙守、攻守にわたるミス負けとなってしまった。

 

深川大会では春秋合わせて、深川ジャイアンツと毎回対戦し、今回は通算6度目の試合となったが、今回も勝ち名乗りを上げることができなかった東陽フェニックス。残念な結果に終わったが、いつも通りに、この試合を振り返って、反省し次につなげて欲しいと思う。

 

思い切り悔しがれ、そして何が足りなかったか考えよう。負けには理由が必ずあるのだ。まぁいいや、自分は、俺たちはこんなもの、と思ったら絶対に成長はない。なぜあの場面で体を張れなかったのか?なぜあのチャンスにあの甘いボールを見逃したのか?次に必ずこうしてやる。そこに気づけば、また大きく成長することができるのだ。

 

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

 

ところでこの日の午後に、3年生以下のDチームが初の練習試合を行った。5対15で敗れたものの、とてつもなくデカい可能性を秘めた選手ばかり、これからの飛躍が益々楽しみになって来た。とにかく今は、野球が大好きになることが大事、いっぱい失敗して、いっぱい泣いて笑って、野球を思い切り楽しもう。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

この日、9時から行われたCクラスの試合では、越中島ブレーブス白と

Cチームが対戦、11対3で破って二回戦に進出した。二回戦の相手は深川パイレーツだが、

10月9日(月)の11時から夢の島5面で行われる予定だ。

秋の青空は透き通っていて美しい。

キャプテン八木大地を囲んで、この試合の先発メンバーを聞く東陽フェニックスの選手たち。

試合開始までの時間にウォーミングアップして準備万端整えるのだ。

これで深川ジャイアンツとは6度目の対戦だ。

とにかく思い切りぶつかって行こうぜ。

審判の背番号確認に応える東陽フェニックスの選手たち。

頭も体もフル回転して戦おうぜ。

さぁ、いよいよ試合開始だ、一番でグラウンドに飛び出すぞ。

天気もグラウンドも上々だ、後は野球を楽しむだけだ。

先発のキャプテン八木大地(南砂小6年)は、今まで深川ジャイアンツ戦で

好投するものの、味方の援護に恵まれず、1点差負け、2点差負けを経験して来た。

この試合でも、不運な当たりで失点したが、丁寧なピッチングを心がけた。

ベンチも盛り上がろうぜ。

ライトから声をかける林映志(枝川小6年)。思い切りスイング、思い切りチャージ。

ファーストの林恒志(枝川小6年)は、緊張気味ながらも、堅実なプレーを

見せてくれた。失敗を恐れずにプレーして欲しい。試合での結果は、日々の

努力と直結するということを、心がけて欲しいのだ。

深川ジャイアンツとの試合は我慢が必要。仲間を信じて落ち着いてプレーしよう。

トップバッターの土屋翔真(南砂少6年)は、全打席出塁してチャンスメイクした。

ようやく本来の粘り強さが戻って来た感じだ。

主軸の一角を担う山岸奏斗(南砂小6年)は、この試合、ヒットこそ出なかった

ものの、打席での気迫は凄かった。守備でも丁寧なプレーを見せてくれた。

サードコーチャーを務めた菅谷大翔(南砂小6年)。完治は近い。

平川空汰(東陽小6年)は、しっかりとバントを決めて得点圏に走者を送った。

一つ一つのプレーを丁寧にして、仲間から期待される存在になって欲しい。

この試合でも強肩を披露した勝原大進(南砂小6年)。相手の先のプレーを読み

ピンチの芽を摘む。そんな選手をめざして欲しい。

ガッツマン門内秀悟(南陽小6年)は、追撃ののろしとなる3回裏にホームを

踏んだ。試合の流れを変えることの選手をめざして欲しい選手の一人だ。

休部中の尾崎隆之介(南砂小6年)も応援に駆けつけくれた。

ショート先発し、4回表からリリーフのマウンドに上がった小杉太生(明治小6年)。

重要なポジションを任されているという自覚と気概を持って欲しい。

小杉太生の渋いヒットで2点目のホームを踏む土屋翔真。単発の攻撃で終わり、

相手のミスに付け込む力に欠いてしまった試合となった。

7回表のピンチにマウンドに集まる東陽フェニックスの選手たち。この回は、

1点差で裏の攻撃に入らなければならなかったが、ミスを連発して失点して流れを

変えることができず残念な結果となった。

試合終了後、握手する両チームの選手たち。深川大会では、Cチーム以来、6度対戦して

一度も勝てなかった。深川ジャイアンツには、是非、優勝をめざして欲しい。

試合後、門内コーチから話を聴く東陽フェニックスの選手たち。

負けたら走る(勝っても走るが)、応援に来てくれたOBの門内美澪(東陽中2年、バスケット部)も、

お父さまの門内コーチや選手たちとともに走った。

この日の12時30分から、ゴッドイーグルス若洲グラウンドで、初の練習試合を

行ったDチーム(3年生以下)。元気一杯にグラウンドに飛び出した。

マウンドに集まって何事か相談する選手たち。様になってるね。

5対15で敗れたものの、これから長い野球人生の始まりだ。エンジョイ!

あと3年もすると大きくなるんだろうね。はじめの一歩、おめでとう。頑張ろうぜ!

 

 

 

2017.10.03 Tuesday 08:36 | comments(0) | - | 

東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会Aクラス一回戦豊洲ジュニアキング

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会Aクラス一回戦豊洲ジュニアキング!

 

9月24日(日)の10時55分から夢の島6面にて第54回深川秋季大会Aクラス一回戦東陽フェニックス対豊洲ジュニアキングの一戦が行われ、試合序盤に小技で得点を重ねた東陽フェニックスが、中盤では2本のホームランで突き放し、6回8対1で勝利して二回戦進出を決めた。

 

前日の雨で翌日に順延になったこの試合、すっかり晴れ渡った秋晴れの下、先攻東陽フェニックスでプレーボールとなった。初回は、相手先発投手の速球に押されて無得点に終わったが、2回表に先頭バッターの山岸奏斗が三塁打を放ち後続が返して先取点を奪うと、3回表にも林映志のヒットから相手ミスもあって2点を追加、試合序盤から3対0とリードを広げることができた。

 

先発の小杉太生は、初回に無死の走者を許しながらも、気持ちを立て直しピンチを逃れると、その後は、併殺などバックの好守もあってテンポ良く投げ、5回まで外野のエラーによる1失点と好投。攻撃では5回表にキャプテン八木大地、勝原大進の連続ホームランなどで5点を挙げて、さらに6回にも1点を追加した東陽フェニックスが、6回8対1で勝利して二回戦に駒を進めた。

 

この試合、盛り上がる場面での見逃しの三振、何でもないフライを落として失点する、という冴えないプレーもいくつかあったが、相手先発の投手の力のある速球に振り負けず、課題だった小技も決めらるようになったことは大きい成果だ。秋の大会からケガなどの諸事情で何人かメンバーが入れ替わったが、ニューフェニックスとして一皮むけた戦いぶりが頼もしく見えた一戦となった。

 

二回戦の相手は深川ジャイアンツ、10月1日(日)の13時から夢の島6面(三塁側)で行われる予定だ。このチームはCチームの時から、春秋の深川大会の準決勝、決勝で必ず対戦し、今回が5回目となるが、東陽フェニックスの頂点への挑戦は、ことごとく深川ジャイアンツに退けられて来た。今年の7月に行われた春の決勝でも、押し気味に試合を進めながら、最後はミスの差で0対2で返り討ちに遭ったことは、まだ記憶に新しいことだ。

 

とはいえ、深川ジャイアンツは、先に行われたジャビットカップの決勝で、オール麻布を僅差で降して優勝を飾った好チーム。常に東陽フェニックスも、地元の大会での試合を通じて刺激を受け、その度に悔しさをバネに大きく成長することができたのは事実だ。今度も再び対戦できることを心待ちにしていたと同時に、東陽フェニックスの選手たちには、思う存分に心からこの試合を楽しんで欲しいと思っている。

 

下手は下手なりに泥臭く一生懸命にプレーする。

 

失敗を恐れずに思い切って楽しんで行こうぜ。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

クラブハウス前の広場で先発メンバーを発表するキャプテン八木大地(南砂小6年)。

Aクラスは深川地区の12チームで優勝が争われる。

Bチームの初戦の相手は江東スピリッツ、次週以降に試合が組まれる予定だ。

Cチームの初戦の相手は越中島ブレーブス白、Aチームと同じく10月1日(日)の

9時から夢の島5面(三塁側)で行われる予定だ。頑張れ!

前日の雨も上がって素晴らしい秋晴れとなった。ライトのフェンス際は、

まだ水が引いていないところもあったが、気を付けて行こうね。

ベンチ前で試合の進め方を確認する東陽フェニックスの選手たち。

背番号確認では大きな声で返事をして自分の名前を伝える。

さぁ、頑張って行こう。

挨拶の後に、先攻の東陽フェニックスはダッシュでベンチ前に集まる。

勝原大進(南砂小6年)には、最短距離でバットを出すことを心がけて欲しい。

そしてボールの真ん中を打ち抜くこと、あとはタイミングが合えばボールは吹っ飛んで行く。

先発の小杉太生(明治小6年)は、落ち着いたピッチングで5回を無失点に抑えた。

ライトを守った林映志(枝川小6年)は、投打にわたって溌剌としたプレーを見せた。

2回表に三塁打を放って先制のホームを踏んだ山岸奏斗(南砂小6年)。

パワフルなバッティングに磨きがかかって来た。

5番ファーストで先発出場した林映志(枝川小6年)。チャンスに強いバッターをめざそう。

控えの選手もいつでも出場できるように体も心も準備だ。

サードコーチャーを務める菅谷大翔(南砂小6年)。サードコーチャーの

指示次第で得点力は変わるので、重要なポジションの一つだ。

3回表の攻撃で、四球を選んで、さらに盗塁も決めたキャプテン八木大地(南砂小6年)。

5回表には2ランホームランも放ってチームを盛り上げた。

自分の強みを発揮して先頭バッターとしての役割を果たした土屋翔真(南砂小6年)。

一つ一つ課題を克服して、チャンスメイクできる選手をめざせ。

試合の途中で挨拶に来てくれた東陽フェニックスOBの山元来唯夢(左、南砂中2年)と

佐藤大輝(右、二南中2年、ともに大島クラブ)。赤いユニフォームもカッコイイね。

途中からサードの守備についた佐藤優太(四砂小5年)。ガツガツ行こう。

一つの失敗でへこむことはない。すぐに切り替えて、次のプレーに

入ることが大事。そして試合の中で失敗を取り返そう。

試合が終了して両チームの選手が握手。東陽フェニックスの次の相手は

深川ジャイアンツだ。結果を恐れず思い切りぶつかって行こう。

勝利のベビーも口の周りをチョコレートだらけにしながら勝利を喜んでくれた。

試合後は夢の島でランチ、お腹すいたよね。

クラブハウス前で、ホームラン賞の授与式が行われた。河村会長から

表彰状と記念ボールと受け取るキャプテン八木大地と勝原大進。

記念ボールを手にして記念撮影。これからもガンガンと外野に打ち込んでくれ。

 

 

 

2017.09.25 Monday 13:44 | comments(0) | - | 

東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ準決勝調布大塚ファイターズに勝利

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ準決勝調布大塚ファイターズに勝利!

 

9月18日(月)の敬老の日に、14時30分から大島中央若洲グラウンドにて第11回ポップアスリートカップ東東京準決勝が行われ、東陽フェニックスは調布大塚ファイターズと対戦し、序盤に大量点を奪った東陽フェニックスだったが、最終回となった7回裏に猛反撃を受けて、楽勝ムードも一変、1点差に詰め寄られるも、辛くも逃げ切きって7対6で勝利、決勝進出を決めた。

 

先攻の東陽フェニックスが、1回表に制球に苦しむ相手先発投手から二死満塁のチャンスを作るも、あと一本が出ず無得点。逆にその裏、先発の小杉太生が内野エラーで走者を許すと、二死三塁の場面で、四番バッターに甘いボールをセンター前に運ばれて、早々に先取点を奪われてしまう。

 

しかし、0対1のままで迎えた3回表、一番から始まる好打順で、東陽フェニックスが猛攻を見せる。一二番が四球で出塁すると、一死後に山岸奏斗が三塁打を放って逆転に成功、続く平川空汰のヒットで山岸奏斗もホームに還って3対1とリードを広げる。さらに暴投と四球で二三塁と攻め立てると、代打の佐俣快成が渋い内野ゴロを放ってエラーを誘い2点を追加して、一挙5点を奪うことができた。

 

5回、6回にも1点ずつ追加点を奪い、7対1と大量リードを奪った東陽フェニックスだったが、最終回の7回表の得点機を、気が緩んだのか、雑な攻めで潰してしまうと、その裏、調布大塚ファイターズの猛反撃を受けてしまう。まずは、この回からマウンドに上がったキャプテン八木大地が、下位打線相手にまったくストライクが入らず連続四球を与えてドタバタ劇の始まりとなった。さらに急遽マウンドに上がった土屋翔真もストライクが入らずに四球で無死満塁。次打者のセンターへの犠牲フライで1点を返されると、またも二連続四球で押し出しで2点目を献上すると、一死満塁で迎えた三番バッターに、フルカウントから苦しまぎれに投げた甘いボールをライト線へ打ち返されて、走者一掃の二塁打を浴び、ついに1点差に詰め寄られてしまう。

 

一死二塁と追い詰められた場面で、ファーストの守備についていた小杉太生が再びマウンドに上がる。

 

その小杉太生は、表情も変えず、飄々とバッターとの勝負に専念。まず次打者をセカンドゴロに抑えて二死三塁とすると、最後のバッターの放った打球は、またもセカンドへの低いライナー、この難しいライナーをセカンドの門内秀悟が体を張って好捕して、何とか7対6で追いすがる相手を振り切って勝利することができた。

 

野球は筋書きのないドラマと言われるが、まさにこの言葉を地で行った試合となった。8月のコスモス大会、前週の潮見パワーズとの一戦で、東陽フェニックス自身がサヨナラ勝ちで不思議な勝利を経験したが、危うく今回は真逆の経験をするところだった。「勝って兜の緒を締めよ」、ウィニングボールを手にするまで、決して油断してはならない、ということを身に染みて感じたことだろう。

 

最後まで粘り強くプレーする、この言葉は、たとえ点差が離れた勝ちゲームであっても肝に銘じなければならない。

 

決勝戦はリトルジャイアンツ(葛飾区)と港クラブ(港区)の勝者と戦う予定だ。どちらが勝ち上がって来ても強敵であることに変わりはない。東陽フェニックスの選手たちには、このところ目立つ凡ミスを減らして、「守って勝つ」自分たちの本来の野球で決勝に臨んで欲しいと思う。

 

下手は下手なりに、泥臭く一生懸命にプレーする。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

 

午前中は深川秋季大会の開会式、午後は場所を若洲に移して準決勝に

臨んだ東陽フェニックスの選手たち。

キャプテンの八木大地(南砂小6年)は、6回表に7点目となるタイムリーヒットを

放った。結果的にこれが決勝点となった。ピンチを招いた7回裏のマウンドは、彼にとっても

良い経験になったと思う。

勝原大進(南砂小6年)は、責任感の強さからか、このところバッティングで

力んでしまう場面が度々みられる。平常心で臨む、難しいことだが、自分一人で

決めようとせず、一死二塁であれば「積極的にセカンドゴロを打つ」、くらいの

楽な気持ちで打席に入って欲しい。

相手投手は、まさに大型右腕、指にかかった時の速球は、目を瞠るものがあった。

土屋翔真(南砂小6年)には、小さくならずに自分の強み(足の速さに真面目さ)を

プラスにして、思い切ったプレーを見せて欲しい。

ベンチが元気ならば、チームも盛り上がる。声を出して行こう。

セカンドの門内秀悟(南陽小6年)は、体を張った泥臭いプレーで

チームの勝利に大きく貢献した。そうなのだ、君のそのプレーにチームメイトは

勇気づけられて、さらに前を向けるのだ。

ファーストで先発出場した林恒志(枝川小6年)。失敗には必ず理由がある。

そこを突き詰めて、準備して試合に臨もう。

レフトで先発し、その後ライトの守備についた林映志(枝川小6年)。

いつも言っているが、バッティングは始動を早く、そして強いスイングで

ボールを打ち返せ。そのための練習をしようぜ。

三塁コーチャーを務めた菅谷大翔(南砂小6年)は、まずは、しっかりと

ケガを直して欲しい。そして、チームには、今できることで精一杯貢献して

欲しいのだ。

爆走する山岸奏斗(南砂小6年)。俊足を見せてくれ。

3回表に追加点となるタイムリーヒットを放った平川空汰(東陽小6年)。

遠慮は要らない、常に溌剌としたプレーを心がけよう。君ならばできるはずだ。

代打で出場し、追加点を奪う内野ゴロを放った佐俣快成(南砂小5年)。

学年は関係ない、もっと目をギラつかせて出場をアピールしよう。

この試合、ベンチ入りした5年生。佐藤優太(四砂小5年)にも、控えのキャッチャーで

満足していないで、もっと存在感を高めて欲しい。競争から生まれる闘争心は成長の大きな

原動力となるのだ。

7回裏の大ピンチにマウンドに集まる内野陣。一度相手に傾いた流れは、

猛烈な強い反発心と勝利への執着心を持たないと、容易に変えることは

できないのだ。

1点差に詰め寄られ、一死二塁で相手主軸バッターを迎える緊張する場面で、

マウンドに再び上がった小杉太生(明治小6年)は、勝利への執念を内に秘めて、

淡々とバッターとの勝負に集中した。バッターを見たら倒したくなる、という

投手の本能を持ち合わせている選手だ。この集中力のオンとオフが使い分ける

ことができれば、素晴らしい投手になれると思う。

調布大塚ファイターズの脅威の粘りには脱帽するしかない。ありがとうございました!

調布大塚ファイターズの打矢監督から激励を受ける東陽フェニックスの選手たち。

勝利のベビーもホッとした感じです。またお願いね。

 

 

 

2017.09.19 Tuesday 09:53 | comments(0) | - | 

東陽フェニックス、第54回深川秋季大会開会式、スーパーリーグ第8戦大島中央少年野球クラブ

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックス、第54回深川秋季大会開会式、スーパーリーグ第8戦大島中央少年野球クラブ!

 

9月18日(月)の敬老の日の9時から、前日台風による雨で延期になった第54回深川秋季大会開会式が、台風一過の晴天の下、夢の島のクラブハウス前で開催された。

 

さすがにグラウンドは前日から未明にかけて降った猛烈な雨で使用できなかったが、少し風が強かったものの、クラブハウスの前の広場で一日遅れの開会式が盛大に行われ、東陽フェニックスの各クラスの選手たちも、先頭のキャプテンの声に合わせて元気良く行進を行った。

 

開会式後に行われる予定の深川秋季大会の試合は、グラウンド不良のために全て翌週以降に延期となったが、午後のスーパーリーグ最終戦となる第8戦は、大島中央若洲グラウンドで予定通り行われ、東陽フェニックスCチームが大島中央少年野球クラブを13対1の大差で降し、対戦成績を7勝1敗とした。東陽フェニックスが属するIブロック(今年はJブロックまでありIブロックは都内9チームでリーグ戦が行われた)では、久我山イーグルス(杉並区)、コンバッツ(中野区)と東陽フェニックスが7勝1敗勝ち点21で並んだが、得失点差でコンバッツが1位、東陽フェニックスは3位となった。

 

3月から始まった長丁場のリーグ戦も今月で終了、10月からは決勝トーナメントが始まるが、深川秋季大会とともに、頂点めざして頑張って欲しいと思う。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

台風一過、秋晴れの開会式となった。

開会式に参加した東陽フェニックスの選手たち。

Cチーム(4年生以下)も元気良くガッツポーズ。

Bチーム(5・4年生)も頑張って行くぜ。

Aチーム(6・5年生)、6年生にとって最後の深川秋季大会だ、一戦一戦大事に戦おう。

6年生をバックに選手宣誓の練習をするキャプテン八木大地(南砂小6年)。

バッチリだね、自信持って行こう。

開会式までの空き時間で上級生と下級生が戯れる。なぜか泣きじゃくる佐俣良成を

勝原大進が慰める。

何か楽しそうだね。

おっ、Cチームもユニフォームが板について来た。

天気も最高、準備も万端、クラブハウス前で開会式が始まるぞ。

他のチームの選手たちと連盟旗を持って行進する勝原大進(南砂小6年)。

今大会での活躍が期待される選手の一人だ。

行進はAクラスから、キャプテン八木大地を先頭に元気良く行進する6年生。

Bチームの5年生は、前年準優勝のカップを持って行進だ。

CチームはCチームらしく、ちょっと恥ずかしげに行進するところが可愛い。

ABC全39チームが勢ぞろいだ。

Aクラス前年優勝チームの深川ジャイアンツから優勝旗が返還された。深川ジャイアンツは、

前日に行われたジャビットカップ決勝でオール麻布を6対5で破り、見事優勝を飾った。

優勝おめでとうございます!

Bクラスの返還では、前年準優勝の東陽フェニックスがカップを返還した。

台風一過の透き通った青空の下、キャプテン八木大地が堂々と選手宣誓を行った。

周りへの感謝の気持ちを込め、仲間を信じて最後まであきらめない野球を実践する

ことを誓った。

選手宣誓が終わり、ホッとした表情のキャプテン八木大地。

始球式で開会式は終了、次週から夢の島を舞台に熱戦が繰り広げられる。

選手宣誓の記念ボールを手にチームメイトと記念撮影するキャプテン八木大地。

12時30分からは、Cチームのスーパーリーグ第8戦大島中央少年野球クラブとの

試合が行われた。昼からは風も弱まり、残暑厳しい中での試合となった。

ヒットを放って塁上からサインを見る江口太一朗(北砂小4年)。

二塁走者の本間祐(四砂小4年)は、隙あらば三塁へ進もうと相手のプレーを見つめる。

タイムリーヒットを放った大河原陸人(北砂小4年)。スイングが力強くなって来たね。

1失点の好投を見せた林田諒太(四砂小4年)。攻めのピッチングに徹した。

内野に声をかける山岸優斗(北砂小4年)。常に先頭に立って、声とプレーでチームを

引っ張って欲しい選手だ。

ファーストを守る土田夏輝(四砂小4年)は貴重なサウスポーだ。左の利点を

最大限に伸ばして投打に活躍できる選手をめざそう。。

2年生の佐俣良成(南砂小)には、沢山失敗して、もっともっと上手になって欲しい。

ショートを守る依知川陽都飛(北砂小4年)。集中力のある時のプレーは素晴らしい。

持続力を付けて、チームの中心選手をめざして欲しい。

センターの水口大雅(南砂小4年)は運動能力の高い選手だ。自分の強みを理解して、

思い切ったプレーを見せてくれ。

 

 

 

2017.09.19 Tuesday 09:46 | comments(0) | - | 

東陽フェニックスAチーム、関団連東京支部大会一回戦で桃五少年野球クラブに勝利

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、関団連東京支部大会一回戦で桃五少年野球クラブに勝利!

 

9月16日(土)の9時50分から夢の島6面にて、関団連東京支部大会本大会一回戦が行われ、東陽フェニックスAチームは桃五少年野球クラブ(杉並区)と対戦、小刻みに得点した東陽フェニックスが、小杉太生と八木大地の完封リレーで、7回5対0で勝利して二回戦に駒を進めた。

 

この日は、台風接近の可能性もあって、午後からの試合を午前に繰り上げて試合開始となった。先攻の東陽フェニックスが、初回、二死から勝原大進がヒットで出塁するも、後続が倒れて無得点。その裏、先発の小杉太生が危なげないピッチングで三者凡退に抑えると、2回表に一死から平川空汰がヒットを放ち、すかさず盗塁を決めると、次打者の林恒志の内野ゴロが内野エラーを誘い、平川空汰が一気にホームへ還って先取点が転がり込んで来た。さらに、続く3回表にも、八木大地がエラーで出塁し、盗塁、犠牲フライで一死三塁とチャンスを広げ、この日、四番に座った山岸奏斗の犠牲フライ、卒のない攻撃で1点を追加した。

 

守りの方では、小杉太生が丁寧なピッチングを展開。ヒットで走者を許しながらもバックの好守もあって、6回まで無失点に相手打線を抑えた。その後、東陽フェニックスは、6回表にリリーフしたピッチャーを攻めて山岸奏斗のタイムリー二塁打で、さらに1点を追加すると、最終回となった7回表にも勝原大進のヒットなどで2点を奪いダメを押し点を奪うことができた。7回裏にはキャプテン八木大地がマウンドに立って相手主軸打線に対したが、三人で抑えて得点を与えず5対0で勝利して二回戦に進むことができた。

 

淡々と進んだ試合だったが、先発の小杉太生、リリーフした八木大地がリズム良く投げ、バックも余裕を持って守備に専念でき、守りのリズムの良さを、そのまま攻撃に生かすことができた。まさに東陽フェニックスが目指す「守って勝つ」野球を実践できた。しかし、一方で、反省点が無い訳ではなく、やはり課題は「小技」、夏合宿の時に立てた「小技を決める」という目標を、実戦の場で決められないところが課題だろう。

 

豪快に打ちまくって勝つのも野球の醍醐味だが、苦しい試合展開の中、ここ一番で相手の嫌がる小技を決めてチームを勝利に導く、そんな野球もめざして欲しい。

 

君たちならば必ずできる。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

台風接近の影響で、空は厚い雲で覆われてた。いつ雨が降って来ても

不思議のない天候だった。でも東陽フェニックスは、雨上等、天気も味方に

付ける野球を実践するのだ。

キャプテン同士の握手で試合開始だ。お互い頑張って行きましょう。

1番を打つ土屋翔真(南砂小6年)には、まずは自信を持って欲しいと思う。

気持ちの切り替え、失敗のスポーツと言われる野球には、まずは、そこが

大事なのだ。

相手先発投手のテンポの良い攻めのピッチングに、試合序盤は苦しめられた。

先発の小杉太生(明治小6年)は、一球一球丁寧なピッチングを展開、6回を

無失点に抑えた。

サードの守備位についた山岸奏斗(南砂小6年)。チームの中心選手としての

自覚が芽生えて来た。

中学野球の体験会で指を骨折してしまった菅谷大翔(南砂小6年)。野球に

ケガはつきものだ。ケガをした時にチームに何ができるか、君の真価問われる。

2回表に先制点のきっかけとなるヒットを放った平川空汰(東陽小6年)。

意外性の選手から脱却して、チームの中心選手をめざして欲しい。

ファーストで先発出場した林恒志(枝川小6年)は、2回表に先制点つながる

内野ゴロを放った。ボールに食らいつく、そんな必死さをもっと出して欲しい。

ライトで先発衆生した林映志(枝川小6年)には、鋭いスイング、そのための

コンパクトなスイングを身に付けて欲しいのだ。

ピッチャーの投球に集中する門内秀悟(南陽小6年)。集中した時の

プレーは、本当に素晴らしい。

キャプテン八木大地(南砂小6年)はヒットこそなかったものの、3回表の

追加点に絡み、最終回のマウンドでは、気持ちのこもったピッチングを見せて、

小杉太生との完封リレーを完成した。

この試合、つなぎのバッティングに徹した勝原大進(南砂小6年)。厳しいところを

攻められながらも、ある時は、攻撃の起点になり、またチャンスでは得点源となる

バッティングを見せる、必ず何とかしてくれる頼られる存在をめざして欲しい。

この試合、派手さはないが、着実にもらったチャンスを得点につなげる

卒のない野球を実践することができた。

横に逸れたボールに必死に腕を伸ばして捕球する林恒志、この一球への

強い執念が勝利につながるのだ。

試合終了まで雨に降らることはなかった。桃五少年野球クラブの選手、スタッフ、ご父母の

皆さま、本日は夢の島までお越しくださり、まことにありがとうございました。引き続き、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

2017.09.17 Sunday 19:34 | comments(0) | - | 

東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ5回戦潮見パワーズ、練習試合石浜ベースボール!

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ5回戦潮見パワーズ、練習試合石浜ベースボール!

 

9月10日(日)の9時30分から夢の島6面にて第11回ポップアスリートカップ5回戦東陽フェニックス対潮見パワーズの一戦が行われ、4対4のまま6回時間切れ終了、勝敗はサドンデスに持ち込まれたが、先攻の潮見パワーズに4点を奪われて追い込まれた東陽フェニックスだったが、その裏、打線が奮起して3安打を放って5点を取り返し、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 

潮見パワーズは、前週に5年生が江東区新人戦大会で優勝し、6年生も刺激受けて波に乗っているチーム。そんな勢いのあるチーム相手に、立ち上がり慎重に行かなけばならなかったが、1回表に先発の小杉太生が、先頭バッターにヒットを浴びると、浮足立ってしまったのか、その後、3つのエラーにヒットも重なって、いきなり3点を失う苦しい展開となった。このところ、立ち上がりに失点する悪いパターンが、この試合でも出てしまった形だ。

 

しかし、いつもと違ったのは、その裏すぐに土屋翔真のヒットを足がかりに1点を返すと、2回表にも、死球で先頭バッターを歩かせ、またも内野のエラーなどで1点を失うが、その裏には、相手投手の制球の乱れを突いてノーヒットで3点を奪い返して、早い回で、粘りの攻撃を見せて同点に追い付いたことだ。

 

その後は、小杉太生、そして2回途中からリリーフした相手投手ともに走者を許しながらも、お互い気迫のピッチングで無失点に抑え、4対4のまま6回時間切れとなった。ここまで、ほぼ同じペースで試合を進めてきた両チームは、サドンデスとなった7回は、ともに2番からの攻撃となったが、先攻の潮見パワーズにヒットで1点を奪われると、さらに満塁の場面で、次打者の内野ゴロで本塁併殺を狙ったが、キャッチャーからの一塁送球が大きくそれて走者二人が還り2失点、さらに三塁に進んだバッター走者も捕逸でホームインを許して、この回、一挙4点を失ってしまう。

 

しかし、ここで気落ちしないのが東陽フェニックス。

 

8月に行われたコスモス大会でも、4点差の劣勢を最終回にひっくり返してサヨナラ勝ちを収めたが、この試合でも、先頭の土屋翔真の内野安打で1点を返すと、あとはイケイケで、菅谷大翔の犠牲フライ、勝原大進、山岸奏斗の連続ヒットなどで同点に追い付き、最後は、暴投の間に勝原大進が逆転サヨナラのホームを踏んで、何とか勝利をもぎ取った。

 

勝手に勝利が転がり込んで来て準決勝進出を決めた東陽フェニックスだが、まさに結果オーライの勝利だった。内容を振り返ると、守りでは、ピッチャーの暴投や捕逸、そして内外野のエラーを合わせると9個もあり、自慢の守りは見る影もなく、また、攻撃でも「つなぎ」の意識が見られなかったばかりか、勝負所で決定的な走塁ミスもあって、ほとんど崩壊状態、荒れた試合となってしまった。

 

こういう試合を続けていたら優勝旗は程遠い。今までも、優勝まであと一歩に迫りながら、ここ一番での手痛い失投、守備のミス、走塁ミスなどで、するりと優勝が逃げてしまった経験を何度もしてきた。だからこそ、ラッキーな勝利だったね、と浮かれるのではなく、一人一人が、こういった荒れた試合を、しっかりと反省して、次の試合に臨んで欲しいと思う。

 

準決勝の相手は調布大塚ファイターズ(大田区)、細かいプレーを仕掛けてくるイメージのあるチームだ。9月18日(日)の敬老の日の13時30分から夢の島東グラウンドで、準決勝の試合は行われる予定だが、雑なプレーはやめて、いつもの「つなぎ」の気持ちを忘れずに、コスモス大会で審判部長に褒められたような、繊細で細やかな野球を見せて欲しいと思う。

 

ところで、この日、ポップアスリートカップの試合終了後、6年生は、台東リバーサイド球場で石浜ベースボールクラブと練習試合を行い、先発の土屋翔真が4回まで1安打無失点ピッチング、復活をアピールした。その後、勝原大進、八木大地の継投で、相手打線を完封した東陽フェニックスは、最終回となった7回表に門内秀悟、土屋翔真の連続ヒットで1点を奪い1対0で勝利した。

 

肩の凝る試合を続けた東陽フェニックスAチーム、勝利への執念、こだわりは強くなって来た。

 

下手は下手なりに一生懸命にプレーしよう。

 

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

 

さぁ、この試合も気合を入れて行こう。

すっきりした秋空が広がった。まずは、シートノックでエンジンかけようぜ。

整列を待つ東陽っフェニックスの選手たち。

潮見パワーズは6年生は大柄の選手が揃い、5年生は新人戦で優勝して

勢いのあるチームだ。

先発の小杉太生(明治小6年)は、粘りのピッチングで7回を投げ切った。

このあきらめない気持ちが勝利を呼び込んだ。

門内秀悟(南陽小6年)には、感性だけに頼らず、一つ一つのプレーを丁寧に、

考えてやって欲しい。相手にとって嫌がられる存在になって欲しいのだ。

キャプテン八木大地(南砂小6年)は、攻撃では良いところはなかったが、

堅実な守備を見せて、チームを落ち着かせた。他がバタバタしている中で、

安定した守備で大きく勝利に貢献した。

バッティングでも、このところ迷いが出ていた土屋翔真(南砂小6年)は、

この試合では、積極的なスイングで攻撃の起点となった。完全復活だ。

サドンデスで犠牲フライを放って追撃に勢いをつけた菅谷大翔(南砂小6年)。

しっかりとスイングできるようになって来た。

途中からレフト守備に入った林映志(南砂小6年)は、しっかり準備をしていたため、

すんなりと試合に入ることができた。

2回裏に四球を選んで同点の口火を切った山岸奏斗(南砂小6年)。

打席で闘志が出せるようになって来た。

サードで先発出場した佐藤優太(四砂小5年)は、攻めの気持ちを持って欲しい。

打席で気合を入れる平川空汰(東陽小6年)。しっかりバットは振らないと、ヒットは生まれない。

もっともっと自分で練習して強いスイングを身に付けて欲しいのだ。

ナイスプレーが生まれて笑顔でベンチに帰る選手たち。一つのプレーが

流れを変えるのだ。

ピンチを逃れた後は、ちょっと座って落ち着いてミニミーティングだ。

流れはこっちだ、行こうぜ。

4点ビハインド始まったサドンデスも、山岸奏斗のヒットでついに同点に追い付いた。

逆転サヨナラのホームを踏む勝原大進(南砂小6年)。どんな状況でも、決してあきらめず、

泥臭く勝利にこだわろうぜ。

準決勝の相手は調布大塚ファイターズ、仲間を信じて「つなぎ」の気持ちを持って戦おう。

ランチの後は、台東リバーサイド球場へ移動、石浜ベースボールクラブと練習試合を行った。

まずはウォームアップ代わりに、墨田川沿いの散歩道をジョギングする東陽フェニックスの選手たち。

隅田川沿いの散歩道からはスカイスリーの美しい姿が良く見える。

走り終えた後に、秋空に映えたスカイツリーをバックに記念撮影だ。

走るのが癖になって来た東陽フェニックスの選手たち、本当に持久力が付いて来た。

台東リバーサイド球場は両翼70メートルの本格的な少年野球場だ。

ダブルヘッダー上等、タフな選手になろうぜ。

先発の土屋翔真は、一球一球呼吸を整えて投げ、丁寧なピッチングを心がけた。

早く終えたい、ストライク取りたい、という余計な欲を捨てて、一球、ワンアウトを

大事にして4回を無失点に抑える好投を見せた。

相手先発サウスポーは、大きなフォームから伸びやかなボールを投げ込んで来た。

ファーストで先発出場した林恒志(枝川小6年)。強いスイングで対抗せよ。

両翼70メートルにラバーのフェンス、少年野球場として最高級だよね。

東陽フェニックスの秘密兵器、勝原大進の剛速球が唸る。

石浜ベースボールクラブの大崎監督から試合の講評を受ける東陽フェニックスの選手たち。

練習試合にお招きくださり、まことにありがとうございました。引き続き、どうぞよろしく

お願いいたします。

 

 

 

2017.09.11 Monday 17:01 | comments(0) | - | 

東陽フェニックスAチーム、金町ジャイアンツと練習試合

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、金町ジャイアンツと練習試合!

 

9月9日(土)の14時30分から、日差しは強いものの、秋の爽やかな風が流れる金町ジャイアンツグラウンドにて、今年三度目となる練習試合を金町ジャイアンツと行った。

 

過去二度の対戦では、いずれも東陽フェニックスが金町ジャイアンツの前に屈しているが、この試合でも、先発の土屋翔真が1回裏に、一死も取れずに5点を失い、無死満塁で緊急リリーフした小杉太生も内野安打や四球で失点し、初回に7点を奪われて主導権を奪われてしまう苦しい展開となった。

 

しかし、何とか落ち着きを取り戻した小杉太生が、2回、3回と走者を許しながらも無失点に抑え、その間に、1点ずつを返した東陽フェニックスは、5回表の攻撃で、門内秀悟、土屋翔真、山岸奏斗のヒットなどで3点を挙げて7対5と詰め寄るが、4回裏から再登板した土屋翔真が、その回こそ三者凡退に抑えたものの、5回裏に再びコントロールを乱して炎上、5点を奪い返されてしまう。

 

この試合、収穫と言えば、最終回となった7回表に、大量リードで気が緩んでしまったとは言え、相手キャプテンのエースから、何とか剛速球に食らいついて3点を取れたことだろう。とは言え、おまけのようにもらった点数を加えても8対12、今回も、あっさりと敗れてしまった東陽フェニックスだった。

 

このところ、先発投手が崩れ、なかなか試合の流れをつかむことができない東陽フェニックスだが、夏休みの合宿で立てた目標を、もう一度見直して、「守って勝つ」自分たちの野球を取り戻して欲しいと思う。秋の大会を控えて、課題満載の東陽フェニックスAチームだが、チャレンジすることが多いからこそ野球は楽しい。一つ一つ課題を乗り越えて、実り多き秋にしてもらいたい。

 

もう一度、自分たちの立てた目標を思い出してみよう。

 

チーム目標:残りの大会で優勝する

 

そのために、

1を大切にする:

最初の一球、一打席、ワンアウト、初回、イニングの頭を大事にしよう。

⊆虍でリズムを作る:

まずは守り中心、相手をゼロに抑えれば負けないのが野球。

常に相手の先を行く:

準備をして臨む、野球は「間」のスポーツ、試合前、ベンチ、打席、どこでも良い、観察し考え準備せよ、「間」を大事にした者、コントロールできたものがが勝つのだ。

ぅ團鵐舛了こそ声をかける:

自分のため、仲間のために声を出そう、どんな時でも笑顔でいるから幸せになれるのだ。

ゾ技を決める:

相手の嫌がることをする、それが弱者が勝つための基本の一つだ、犠牲の精神を忘れずにチームの勝利のために、自分で考えて行動せよ。

 

あきらめず、泥臭く粘り強く、仲間を信じ心を一つにしてプレーしよう。

 

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

 

試合前に、金町ジャイアンツのキャプテン伊藤凛くんとがっちり握手するキャプテン八木大地(南砂小6年)。

二人とも私好みの根っからの野球小僧だ。

先発メンバーの発表、人数が少ないが、色んなことを試そうね。

空も秋めいて来た、さぁ、秋の野球のシーズンだぜ。

14時30分のプレーボールだが、選手の作る影も真夏より随分と長くなった。

試合開始だ、先頭バッターが勢いを付けようぜ。

先発の土屋翔真(南砂小6年)は、不安定な立ち上がりで大量失点してしまった。

抑えてやろう、早く終わりたい、と欲が入り乱れると、どうしても投げ急ぎ、フォームが

安定せず、その結果、制球を乱してしまうものだ。まずは、セットしたら呼吸を整えて、

キャッチャーミットに集中してみよう。

相手先発投手は、攻めの気持ちを強く持って、しっかりと東陽フェニックス打線と

対決して来た。逃げずに向かう気持ちが強いピッチャーを打つのは難しい。

キャプテン八木大地には、チームのピンチの時こそ的確な指示を出して欲しい。

セカンドの門内秀悟(南陽小6年)には、とにかくバタバタせず、周りを

見て状況判断のできる視野の広い選手をめざして欲しい。そして、ここぞ、

という時に力を発揮して欲しいのだ。

もう少し、早めにタイムを取っても良いと思う。自分たちで考えて行動せよ。

勝原大進(南砂小6年)は強いスイングで相手とピッチャーに対峙した。

二塁走者の平川空汰(東陽小6年)には、チョットした相手ミスでも

次の塁を狙う積極性を身に付けて欲しい。

ピッチャー強襲安打で出塁した菅谷大翔(南砂小6年)。迷わず、結果を恐れずに、

自分のスイングでピッチャーと対決しよう。

5回表からリリーフに立った相手投手は、長身から角度のあるボールを投げ込んでき来た。

ファースト、サードで好守を見せ、バッティングでは3安打を放った山岸奏斗(南砂小6年)。

一度調子の波に乗ると手が付けられないほど活躍する選手だ。

1回表からリリーフのマウンドに立った小杉太生(明治小6年)は、2回以降は

自分のピッチングで相手強力打線を抑えた。

代打で途中出場した林恒志(枝川小6年)。相手投手のボールに振り負けない

スイングを身に付けるために、日々の練習を大事にして欲しい。

金町ジャイアンツの選手たちの全力プレーは、東陽フェニックスの選手たちにとっては、

最高の見本となっている。

最終回に登板したキャプテンの伊藤凛くん、またひと夏で成長したようだ。

レフトで先発出場した林映志(枝川小6年)。臆することはない、堂々と力強くプレーしよう。

金町ジャイアンツの選手、スタッフ、ご父母の皆さま、練習試合にお招きくださり、

まことにありがとうございました。いつも要所要所で、東陽フェニックスの選手たちの

背中を押してくださり、目覚めさせていただき、心より感謝申し上げます。

学童野球も残り半年、悔いのないように全力を尽くして、秋の大会で優勝しよう!

 

 

 

2017.09.11 Monday 16:52 | comments(0) | - | 

東陽フェニックス、9月3日(日)の活動

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックス、9月3日(日)の活動!

 

9月3日(日)は、大会もなく、またグラウンドの関係もあって久しぶりに全員で練習を行った。

 

前日は雨のため、4年生以下はお休みとなり、6・5年生のみが錦糸町でトレーニングの後、午後から雨も上がって北砂小で練習を行った。そして翌日のこの日は天気も上々、まさに秋晴れの下、全員7時30分に集合すると、まずは6年生は木場公園にランニングとトレーニング、そして5年生以下は千石グラウンドで練習を行った。6年生も10時過ぎには千石グラウンドに移動して練習となったが、30名以上の部員が集まって練習するのは本当に久しぶり、さらに体験入部の子供たちも参加して大いに盛り上がった。

 

午後は5年生はゴッドイーグルス(砂町連盟)と練習試合。この試合、0対0で迎えた5回裏に山岸優斗が出塁すると、治田和がバントで送ってチャンスを広げ1点を奪うと、先発した市川龍惺が剛球を唸らせ7回2安打無失点ピッチング、虎の子の1点を守り切って完封勝ちを収めた。その間、6年生と4年生以下は若洲グラウンドでしっかりと練習、これから迎える秋の大会に備えた。

 

その昔、今ほどグラウンドが確保できなかった時代があったが(今も四苦八苦しているのは変りないが)、東陽小で50名くらいが芋の子を洗うような状態で練習をしていたこともあった。しかし不思議なもので、狭い場所を時間割で効率的に利用し、チームもそこそこの成績を収めていた。

 

この日は久しぶりの全員練習で、グラウンドに響く子供たちの歓声を聞きながら、そんな昔を私一人が懐かしく思い出し、たまにはこんな日もあっていいな、なんてちょっとほのぼのしたゴキゲンな一日となった。

 

ところで前日行われた関団連東京支部大会の抽選会で、本大会(6年生以下)は桃五少年野球クラブ(杉並区)、ジュニアの部(5年生以下)は不動パイレーツと一回戦を戦うことに決まった。

 

昨年の同大会で、本大会では決勝こそ南大谷ドリームス(町田市)に大差で敗れたものの、春の朝日大会で優勝したオールシャインズ(町田市)を準決勝で破る殊勲を挙げ、ジュニアの部では、決勝で小金井ビクトリーとの接戦を制して優勝を飾ることができた。是非今年も上位進出を狙いたいところだ。

 

いよいよ秋の大会の対戦相手も決まり、気分も高まって来た。爽やかな秋空の下、ガツガツと野球を楽しもう。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

東陽フェニックスの集合場所は区役所横の公園だ。

この日は、夏休みの朝練の表彰が行われた。80%以上の参加した選手が表彰された。

練習はウソつかない、秋の大会は、この調子で頑張ろうぜ。

表彰式の後は、Aチームキャプテンの八木大地(南砂小6年)が、コスモス大会の

感想文を全員の前で披露した。

午前中は千石グラウンド、午後は若洲で練習となった。

早々にランチを終えて遊びまくる6年生たち。元気な男の子たちだ。

左投げの練習をする小杉太生(明治小6年)。秋はこれで行こうか。

門内秀悟(南陽小6年)も、密かにピッチング練習を重ねている。

体操の後にランニング、午後の練習の始まりだ。5年生はゴッドイーグルスとの

練習試合に行ったので不在となった。

キャッチボールの前に、まずはぐるぐると肩回しをする林田諒太(四砂小4年)。

本間祐(四砂小4年)は、後輩も増えて来て、ちょっと逞しい顔つきなって来た。

水口大雅(南砂小4年)は、パワーもあって楽しみな選手だ。

大貫孝成(北砂小4年)は大柄な選手、体があるのは何にしても利点が多い。

大きく体を使えるように鍛えよう。

田中翔大(東陽小3年)は、来年のCチームを引っ張って行く選手だ。

ガツガツ行こうぜ。

野見山桔平(南砂小2年)は、夏休みの朝練で心身ともに鍛えられた。

秋の竹の子大会では、バリバリに活躍して欲しい。

佐俣良成(南砂小2年)は、学年なんて関係ない、今のCチームのレギュラーを

狙って欲しい。

日野太瑛(北砂小2年)も、いずれは東陽フェニックスの中心選手に育って

欲しい選手だ。厳しい練習にも付いて来て、もっともっと強くなれ。

面構えも頼もしい小林俊介(東陽小2年)。竹の子大会での飛躍が期待される。

加藤孔明(北砂小1年)は、私のようなジジイから見ると、ただただ可愛いの

一言、自分の息子たちが東陽フェニックスにお世話になった20年前を思い出させて

くれる。今から始めれば、メチャクチャ上手くなるぞ、楽しみだよね。

6年生も4年生以下も一緒にキャッチボールだ。キャッチボールは野球の基本、体の動きは

バッティングにも通じる。そして何よりも、相手を考えてボールをやり取りすることが、

野球を楽しむ上で、とても大切なことなのだ。ドッチボールではなく、キャッチボールをやろうね。

小林コーチが丁寧にフライ捕球の練習を指導する。上手くなったね、孔明!

フライ捕球に挑戦する2年生の選手たち。早く試合で試せるようにしようね。

6年生と4年生以下の選手で記念撮影。空もまさに秋空。「天高く馬肥ゆる秋」がやって来た。

5年生も戻って来て、グラウンド挨拶をして本日の練習も終了。日が暮れるのも早くなった。

良く頑張ったね。

秋の夕暮を背に全員で記念撮影。土日の練習で、また一段と逞しくなった気がする。

 

 

 

2017.09.05 Tuesday 08:36 | comments(0) | - | 
 | 1 / 89 PAGES | >>