<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

東陽フェニックスAチーム、深川秋季大会二回戦へ進出

JUGEMテーマ:スポーツ
東陽フェニックスAチーム、深川秋季大会二回戦へ進出!

9月23日(月)秋分の日の祝日に、第50回記念深川秋季大会Aクラス一回戦東陽フェニックス対越中島ブレーブスが、8時より夢の島グラウンド5面で行われ、6回6-4で東陽フェニックスが、優勝候補の越中島ブレーブスに勝利した。

越中島ブレーブスは江東区を代表する強豪チーム、都大会やくりくり大会でもベスト8に入賞するなど是非対戦したかった相手、公式戦では東陽フェニックスが勝ち残れず、なかなか叶わなかったが、今回ようやく抽選で引き当てて念願の対戦が実現した。

先攻東陽フェニックスで始まったこの試合、キャッチャーの好守備もあって三者凡退に終わると、その裏、先発の佐藤亘がヒットとホームランでいきなり2点を失う苦しい展開となった。

先取点を早々に奪われ東陽フェニックスだが、すぐさま反撃に移れるのも今の東陽フェニックスの強み、やられたらやり返す、その反発心が育ってきた。2回表に先頭の池谷錦乃助が二塁打で出塁すると、二死を取られながらも佐能凛平が粘って四球を選び、その後、相手のミスや森秀磨、早坂陸のヒットで2点を返して早々に試合を振り出しに戻す。早坂陸の選手宣誓の言葉通り、粘り強い全力プレーで何とか追いつくことが出来た。

その後、落ち着きを取り戻した佐藤亘がランナーを許すもブレーブス打線を無失点に抑えるが、一方で、東陽フェニックスもチャンスは作るが得点につなげることが出来ない。

試合が動いたのは、4回表の東陽フェニックスの攻撃。二死から早坂陸がヒットで出塁すると、続く高橋歩の右中間二塁打で快足を飛ばして長躯一塁からホームイン、勝ち越し点を挙げる。さらに敵失で三塁に進んだ高橋歩が、次打者の佐藤亘の敵失打で2点目のホームを踏む。ここで追い打ちをかけるように池谷錦乃助がレフトへホームランを放って、この回、一挙4点を奪う猛攻を見せた。

6-2と点差を広げた東陽フェニックスだが、越中島ブレーブスも投手を交代して反撃態勢を整える。しかしこの場面で佐藤亘がマウンドで仁王立ち、5回裏には一死二三塁のピンチで、2番、3番を迎えて真っ向勝負を挑みホームを踏ませない気迫のピッチングを披露。最終回となった6回にも、2点を奪われてなお二死一塁のピンチに、落ち着いたピッチングで最後のバッターをセンターフライに打ち取り、追いすがるブレーブス打線を振り切ることが出来た。

この試合では、ピッチャーの佐藤亘を中心に、バックも良く守り立てて無駄な点を取られず、攻撃ではワンチャンスに打線をつないで得点に結びつける、東陽フェニックスが理想とする野球をほぼ実現できた形で、強豪越中島ブレーブスに勝利することが出来た。

しかしまだまだ完璧な形には程遠い。この一勝に満足することなく、東陽フェニックスAチームには、さらに高い目標を掲げて、それに向かって真っすぐに突き進んで欲しい。新チームを結成して一年、まさに君たちの野球を思う存分に試す時期がやって来たのだ。

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

試合前に手をつないで心を一つにする東陽フェニックスの選手たち。


さぁ、試合開始だ、粘り強く泥臭いプレーで勝利をもぎ取ろう!!


先発の佐藤亘(四砂小6年)は気迫のピッチングで越中島ブレーブス打線に立ち向かった。


好守備を見せたサードの菅沢翔太(四砂小6年)。一つのアウトを大切にすることができてきた。


ショートの高橋歩(三砂小6年)は、サウスポーながら難しいポジションにも器用に対応する。鋭いスイングで勝ち越し打も放った。


レフトの渡辺駿斗(五砂小6年)は、この試合では守備の人となった。次の試合では、彼の打棒が爆発することだろう。


好守備でピッチャーを守り立てたセンターの佐能凛平(東陽小5年)。


つなぎのバッティングでチームの勝利に貢献した森秀磨(南砂小5年)。


ファーストの守備も安定し自信が芽生えつつある坂口達也(四砂小6年)。練習で手を抜かず、失敗しても再び立ち上がり、その繰り返しが自信につながるのだ。


バッティングはもちろん走塁でもチームをけん引したキャプテン早坂陸(豊洲北小6年)。すべてのプレーが力強くなって来た。


池谷錦乃助(四砂小6年)のバッティングは、今までは荒さの方が目立っていたが、このところ確実性が増して来て、まさに4番の働きを見せられるようになって来た。しかし、彼の伸びしろは、こんなものではないはず、もっともっと貪欲に成長して欲しい。


試合終了後、父母の皆さまに応援のお礼をする東陽フェニックスAチームの選手たち。彼には、野球が上手くなる前に、まず「挨拶、返事、感謝の言葉」の大切さを知って欲しいと常に思っている。徳を積むこと、これが大切なのだ。


試合終了後、木場公園で反省会を開く東陽フェニックスAチーム。一球の重み、一つのアウトの大切さを感じて欲しい。もっともっと強くなれ!!!




2013.09.27 Friday 10:05 | comments(1) | - | 
<< 東陽フェニックスBチーム、深川秋季大会一回戦で敗退 | main | 東陽フェニックスCチーム、深川秋季大会一回戦で公式戦初勝利 >>
団長 (2013/09/27 10:15 PM)
ひとつのプレーで勝敗の流れが変わる見本のような試合でした。でも、本当に勝てて良かった*¥(^o^)/*まだまだ一回戦、優勝目指して頑張って*¥(^o^)/*