<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスAチーム、深川ホークスと練習試合

JUGEMテーマ:スポーツ
東陽フェニックスAチーム、深川ホークスと練習試合!

3月23日(日)の11時30分から夢の島グラウンド6面で深川ホークスと練習試合を行い、7回裏に同点に追いつき、なおも二死満塁のチャンスに、江崎唯斗の死球で9−8となりサヨナラ勝ちを収めた。

深川ホークスの先攻で始まったこの試合、いきなり内野のボーンヘッドが続き3点を失うが、その裏、東陽フェニックスも森秀磨のヒットなどで、すぐさま同点に追いつく。しかし、2回表に、先発の佐藤大輝が二死から連打を浴び、さらに外野のミスで2点を失ってしまう。

その後、両チームともに決め手がなく膠着状態が続くが、4回裏に、東陽フェニックスが、替わったピッチャーを攻めて、野中翔馬、阿部太陽のヒットで東陽フェニックスが反撃、2点を挙げてふたたび5−5と試合を振り出しに戻した。しかし、それも束の間、4回表からリリーフした江崎唯斗が先頭を四球で歩かすと、エラーとタイムリーヒットで2点を奪われ、再びリードを広げられてしまう。5回裏には、東陽フェニックス3安打を連ねるも、拙い走塁で1点止まり。逆に、7回表からマウンドに立った佐能凛平がピリッとせず、1点を失い、さらに三連続四球で二死満塁のピンチを招いたが、何とか最後は踏ん張り、6−8で7回裏の東陽フェニックスの最後の攻撃を迎えることになった。

その7回裏の攻撃で、先頭の佐能凛平が四球で歩くと盗塁などで進塁し、森秀磨のライトゴロでホームを踏んで1点を返すが、既に二死ランナーなし。これで終わりかと思われたが、ここからが今までに見られなかった驚異の粘り腰を東陽フェニックスが見せる。

まず、4番の山岸桃子が相手のミスで出塁すると盗塁で2塁へ、続く野中翔馬がセンター前へタイムリーヒットで1点。さらに阿部太陽が相手ミス、さらに平川真が内野安打で続き、二死満塁となり江崎唯斗が打席に向かう。その初球、何と投球が足もとへ。

結局その投球がサヨナラ死球となって、野中翔馬がホームイン。練習試合とはいえ、今年1月からの新チーム結成以来、Aチームにとって初の勝利となった。

野球の神様が、一生懸命にやっている割には、なかなか勝ちに恵まれなかった東陽フェニックスに、ちょっとウンィンクしてくれた感じの初勝利。でも、このウィンクに安心することなく、東陽フェニックスの選手たちには、前に進んで欲しい。それが野球の神様への最大の恩返しなのだから。

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

試合前の整列で両チームのキャプテンが握手。天気も上々、楽しんで行こうぜ。

サードで先発した中澤優介(東陽小5年)。強肩という自分の長所を
考えて欲しい。

ライトで先発した阿部雅楽(東陽小5年)。俊足なのだから、何をしたら
チームの勝利に貢献できるか考えよう。

ショートで先発した森秀磨(南砂小5年)は、4回からはキャッチャーも
務めた。だいぶスイングも良くなって来た。

キャッチャーで先発した山中翼(九段小4年)は、その後、ショートの
守備でも溌剌としたプレーを見せた。

先発の佐藤大輝(四砂小4年)は、味方のエラーで足を引っ張れるも、
気持ちを切らすことなくバッターに向かって行った。

打席で気合を入れる一沢直起(東陽小5年)。しっかりボールを見て打つ、
というのは簡単なようでなかなかできない。チャレンジしよう。

キャプテン佐能凛平(東陽小5年)は、センターで先発出場し、最終回の
マウンドにも上った。ピッチング自体はピリッとしなかったが、仲間の
助けで初勝利を挙げることができた。いわゆる棚ボタの勝利だが、次の登板の
チャンスでは、大事な場面で踏ん張って、自らの力でチームの勝利に貢献して
欲しい

三塁ランナーでホームを窺う阿部太陽(四砂小4年)。サードの守備で、
タイムリーエラーをした後に、すぐに立ち直って次の守備機会では、
しっかりアウトを取ることができた。失敗OK、次で取り戻せ。

途中からリリーフのマウンドに立った江崎唯斗(三砂小4年)は、
失点はあったものの落ち着いたピッチングを見せた。

打席で声を上げる竹内良祐(南陽小5年)。セカンドの守備も安定してきた。
失敗を恐れずボールにチャージして欲しい。

打席で笑顔を見せる野中翔馬(東陽小5年)。この笑顔が出れば大丈夫だ。
この日もパワフルなバッティングを披露、ついに打棒復活だ。

途中からセカンドの守備についた山中剛(九段小4年)。細かい動きにも、
随分とついて行けるようになって来た。曲者の進化に期待だ。

最終回も攻撃前に、気合を入れる東陽フェニックスの選手たち。

内野安打で次につなぐバッティングでサヨナラのおぜん立てをした
平川真(四砂小4年)。ゴロを打つことを心がけていた姿勢が素晴らしい。

深川ホークスの皆さま、練習試合にお誘いいただき、どうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

殊勲のデッドボール(?)でチームの初勝利に貢献した江崎唯斗(左)と
ヨレヨレのピッチングながら(笑)サヨナラ勝ちで勝利を手にした
キャプテン佐能凛平(東陽小5年)。次は、バシッと決めてくれ。

クラブハウス前の桜のつぼみもふっくらピンク色だ。サクラ咲く、
野球の季節がやって来た。ハード&エンジョイ!!


 
2014.03.26 Wednesday 16:20 | comments(1) | - | 
<< 東陽フェニックス、第44回関団連朝日旗争奪大会開会式、本大会一回戦 | main | 東陽フェニックス、春休みの朝練(前半) >>
菅沢 (2014/03/28 11:46 AM)
おめでとうございます!!
Aチームにとって、とっても大きな勝利だったのではないでしょうか。
この勝利が選手それぞれの力になることを祈ってます。
本当におめでとう!!